人気のタグ
おすすめのサイト
  • BE-PALアウトドア情報サイト
  • 大人の逸品小学館公式通販
  • Mens Beauty男の身だしなみ教科書
  • ペットゥモローペット情報サイト
企業ニュース
メルマガに登録すると、お得な情報が届きます!
メールマガジンに登録する

売れてるワケは、女性からも支持されている3ポイントにアリ!日産『ノート』がコンパクトカーNO.1*の理由を徹底解析【PR】

2019.10.02PR

ポイント1:新次元のワンペダルで運転楽々、だからストレスフリー

仕事柄、クルマを運転する機会が多いという女性スタイリストが選んだ一台は、日産『ノート e-POWER MEDALIST ブラックアロー』だった。何と言ってもこのクルマの特徴は”エンジンで発電して、モーターだけで走る” e-POWERを搭載していること。彼女いわく、渋滞しがちな都心部を走る時でも、信号が多くてストップ&ゴーが頻繁でも、運転にストレスはそれほど感じないという。それはなぜか?

「アクセルを踏み込むと力強く加速するのですが、踏むのを止めると瞬時に減速するんです。渋滞した道を走るときは信号待ちでブレーキを踏むくらいで、本当に運転が楽なんです。しかも、ボタンひとつで3つの走行モードが選べるから、誰が運転してもきっと楽だと気づくはずですよ」

彼女がそう絶賛したのは、アクセルペダルだけで運転できる「e-POWER DRIVE」のことで、従来のAT車のようにアクセルとブレーキペダルを頻繁に踏み変える必要がないワンペダル運転が特徴(「e-POWER DRIVE」Sモード・ECOモード選択時)。もちろん、この新感覚の運転になれるまではNORMALモードを選択すれば従来の運転スタイルでもまったく問題なし。だが一度、ワンペダル運転を体感したなら、彼女のようにきっと後戻りはできないハズ。

さらに、e-POWERならではのメリットが、走行時の圧倒的な静かさ。モーターのみで走行できるから静かなのはもちろんのこと、ボディの要所に専用の遮音対策を実施することで、さらなる静粛性を実現しているのだ。車内が静かだと、会話もゆっくり楽しめるから運転の余裕にもつながってエコ。

もし、週末にパートナーが運転することになっても、きっとe-POWERの走りには満足すること間違いない。なぜなら、このクルマはエコでストレスフリーであると同時に、加速の力強さとレスポンスも兼ね備えているから。是非一度、この運転感覚を味わっていただきたい。

アクセルペダルを踏む、離すだけのワンペダル運転。慣れたら楽でクセになる。

左がNORMALモード、右がSモード・ECOモードのアクセルを戻した時の運転イメージ。渋滞時やカーブの多い道路で非常に有効的だ。

静かな車内だから、普段の声の大きさで会話が成立する。毎日のことだからこれは大事。

「ドライブモードスイッチ」ひとつで、切り替えられる3つの走行モード。

e-POWERなら2.0Lターボエンジンに匹敵するビッグトルク*1を発揮。この力強さが余裕の走りを実現する。

「e-POWER DRIVE」Sモード・ECOモード選択時はメーター内ディスプレイに表示される。

ポイント2:最高評価「ASV+++」の先進安全装備、だから安心

ほとんど毎日乗るからこそ、大切な家族を乗せるからこそ、先進の安全装備は欠かせない。その点、日産『ノート e-POWER MEDALIST ブラックアロー』をはじめ『ノート』には最先端の運転支援技術が盛り込まれている。頼りになる走りを支えているのが、この大きな安心感。ここでは2018年度自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価において最高ランク「ASV+++」獲得した内容をじっくり見ていこう。

『ノート』に採用される運転支援技術(※グレード別設定)で、@DIMEが注目した3本の柱が「インテリジェント エマージェンシー ブレーキ*2*3」と「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)*2*4」、そして「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)*2*5*6*7」だ。 

まずは「インテリジェント エマージェンシー ブレーキ*2*3」だが、これは走行中に前方の車両や歩行者を検知し、万一の際はブレーキを作動させて衝突を回避、または被害や傷害を軽減する。「インテリジェントLI/LDW*2*4」は、意図せず走行車線を逸脱しそうになった場合に警告表示とブザーで注意を喚起(LDW)、さらに「インテリジェントLI」が車線内に戻す方向に力を短時間発生させてドライバーを支援する。中でも、彼女がもっとも身近で、使い勝手がいいと気に入っているのが「インテリジェント アラウンドビューモニター*2*5*6*7」だ。

衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーにより、ドライバーに回避操作を促す。万一、安全に減速できなかった場合はブレーキが作動して衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減。それが安心の「インテリジェント エマージェンシー ブレーキ*2*3」だ。

「インテリジェント エマージェンシー ブレーキ*2*3」はクルマだけではなく、人に対しても作動する。

フロントに搭載されたマルチセンシングカメラで前方車両や歩行者を検知する。

マルチセンシングカメラでレーンマーカーを検知、走行車線からの逸脱を警告&防止支援する「インテリジェントLI/LDW*2*4」。

①フロントガラス上部のマルチセンシングカメラで、自車前方の車線を検出し、車線からの相対位置を計算。
②車線を逸脱する可能性がある場合、メーター内の警告灯とブザーで注意を喚起。
③注意喚起とともに車線内に戻す方向に力を短時間発生。
④車両の動きを加えることで、置かれている状況をドライバーに直感的に伝え、車線内に戻す操作を促します。

「駐車するのが楽しくなりました」と彼女も大満足な「インテリジェント アラウンドビューモニター*2*5*6*7」(メーカーオプション)。

”移動物 検知機能付”だから、周囲を歩いている人や接近する自転車を検知して、ルームミラー上のディスプレイの表示とブザーでドライバーに注意を促す。「初めての駐車場や狭いスペースに駐車する場合でも、クルマを上空から見ている映像がルームミラーに映せるので、視認性が抜群なんです。以前は苦手だった縦列駐車も最近は得意なんですよ」

先進の安全装備、そして高度な運転支援技術。この確かさも『ノート』の大きな魅力のひとつだ。

ポイント3:思い出も荷物もたくさん詰め込める、だから嬉しい

サイズはコンパクトでも仕事で使うアイテムはたくさん運びたいし、たまの休日は家族みんなでBBQだって楽しみたい。ON/OFFで使えて、パートナーともシェアできる一台を探していた女性スタイリストが出会った一台、それが日産『ノート e-POWER MEDALIST ブラックアロー』。キビキビ走って、コンパクトなのに大容量。公私ともにすこぶるイイ相棒に出会えたようだ。

スタイリストという仕事柄、クライアントの依頼に応じて運ぶ荷物は日によって異なる。だから、広い室内空間は仕事使いの必須要件。『ノート』は全ラインナップを通じて、広いラゲッジルームが魅力。ベビーカー(A、B、AB兼用型)は1台積載可能、リヤシートを倒せばゴルフバッグを3個も積載できるのだ。彼女は、仕事の合間にタブレットで読書をするのが好きだと聞いた。

「休憩中は広いリヤシートにゆったり腰掛けて読書するんです。特に膝周りの空間に余裕を持たせてあるので、非常にゆったりしているんです。しかも、リヤのドアは最大90度も開くので、人の乗り降りも荷物の出し入れも楽なんですよ」

実際に使うことでわかってくるクルマのユーティリティ。大きな荷物を運ぶ仕事モードでも、ちょっとした買い物モードでも、何ら不自由なく使いこなせているようだ。ひとたび、休日のBBQ開催ともなれば人も荷物もドンと増えるが、日産『ノート e-POWER MEDALIST ブラックアロー』なら”エンジンで発電して、モーターだけで走る” e-POWER搭載で、走りにも自信アリ。ON/OFFで使えて、安全安心を追求した『ノート』、売れてるワケは、こうして女性からも高く支持されているからに違いない。

ONの日は移動が楽で、荷物が載る一台。

OFFの日はショッピングが楽しくなる一台。

シュッとしたスタイリングなのにラゲッジルームは想像以上に広い。

ON/OFF使えるクルマは見た目も大事。 e-POWERのグリルはブルーがアクセント。

”エンジンで発電して、モーターだけで走る” 、それがe-POWERだ。

『ノート』は全22色の豊富なカラーバリエーション。なお、e-POWERには専用カラーが用意されていてプレミアム感も高い。今回ご紹介した『ノート e-POWER MEDALIST ブラックアロー』は価246万9500円(税込み)~。

※キャンペーン終了時は、日産 東京・神奈川 販売会社グループwebサイトで告知いたします。
適用条件等詳細はサイトをご覧ください。

*2018年度登録車販売台数No.1
ノートとして。登録車とは軽自動車および海外ブランドを除く普通乗用車を目指します。2018年4月〜2019年3月(自販連調べ)。

*1 最大トルク254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpm。自社の2.0Lターボエンジンとの比較。
*2 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。作動には一定の条件があります。機能の詳細は、取扱説明書をご確認ください。
*3 インテリジェント エマージェンシーブレーキは、約10~80km/hの範囲で作動します。歩行者に対しては、約60km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。
*4 * LDW(車線逸脱警報)は約60km/h以上で作動します。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。
*5 モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
*6 車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
*7 移動物 検知機能は自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。
*1 最大トルク254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpm。自社の2.0Lターボエンジンとの比較。
*2 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。作動には一定の条件があります。機能の詳細は、取扱説明書をご確認ください。
*3 インテリジェント エマージェンシーブレーキは、約10~80km/hの範囲で作動します。歩行者に対しては、約60km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。
*4 * LDW(車線逸脱警報)は約60km/h以上で作動します。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。
*5 モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
*6 車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
*7 移動物 検知機能は自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。

協力/日産自動車
https://www.nissan.co.jp/

取材・文/堀田成敏 撮影/ANZ

ThinkschoenenのSNSアカウントをフォローしよう!

  • @atdime
  • Thinkschoenen_HACKS

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

  • BE-PALアウトドア情報サイト
  • 大人の逸品小学館公式通販
  • Mens Beauty男の身だしなみ教科書
  • ペットゥモローペット情報サイト
ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。